公益財団法人 奈良屋記念杉本家保存会

国指定名勝杉本氏庭園

禁門の変の大火羅災後の明治3年(1870)に建築が上棟し、大正時代にかけて順次完成を遂げた京町家の庭園。

主屋は綾小路通りに南面し、正面から店庭から玄関庭・台所庭を経て、奥の一群の蔵に面する洗い庭、主屋西側の露地にも通づる通り庭に至るまで、通風・採光などの日常の生活・生業上の目的とも密接に関係しつつ、土間・石敷からなる通路状の空間が屋内から屋外へと機能的に連続する。

また、奥座敷に北面して垣に囲まれた座敷庭には、縁先の沓脱石から伽藍礎石を象った踏分石を介して北面の庭門へと飛石が打たれ、縁先の手水鉢・灯篭などの景色が狭い空間に程よく配置されている。

仏間前室の北側には敷き詰められた黒色の扁平な円礫の上に水盤のみを置いた狭隘な仏間庭があり、厠へと通ずる延段の通路とともに、一木一草をも拒む極めて意匠性の高い造園空間を構成している。

主屋西側の露地は仏間の南に位置する茶室の庭で、明治後期から昭和初期にかけての建築の増改築により改変されていることが窺える。

このように、杉本氏庭園には、洗い庭・通り庭などの生活・生業のための空間 とも機能的な連続性を保ちつつ、主屋に囲まれた狭小な空間に座敷庭・仏間庭・露地を配置するなど、接客のための芸術性に富んだ優秀な造園意匠が認められ、その芸術上・観賞上の価値は高い。

名称

杉本家庭園

種別

名勝

指定面積

811.81m2(実測)

種類

庭園?伝統的京町家の庭園としての指定は初めての例

概要

京町家の独特な建築構成と一体として築造された庭園

「奈良屋記念杉本家保存会」会員募集!

後世に残したい文化遺産、杉本家保存会をぜひご支援ください!

当財団は、文化財保存を目的として、広く一般の皆様から「奈良屋記念杉本家保存会」会員を募っております。ご協力を仰ぎました資金は、建造物の修理、什器、祭具などの修理、古文書の調査・研究などの費用の一部に充当致します。
また、会員の方には、当財団が主催する行事等へご招待させて頂きます。

詳しくはこちら

公益財団法人 奈良屋記念杉本家保存会 > 国指定名勝杉本氏庭園