お知らせ

京女大生のみなさんと「すす払い」をしました!

京都の街中は祇園祭の準備に忙しいこの時期に、杉本家住宅では、
「すす払い」を行います。
毎年恒例の大掃除、家中の隅から隅まで拭き上げ、
障子・襖などの冬の建具から、葦戸・すだれなどの夏の建具に総入れ替えします。

今年も京女大生のみなさんと先生がお手伝いに来てくださいました!

IMG_1515.JPG

IMG_1435.JPG

固く絞った雑巾で、建具の表面を傷つけないよう拭いていきます。

大蔵からたくさんの夏の建具を運び出し、
秋から今まで活躍していた冬の建具を慎重に外し、蔵に運んでいきます。
運ぶ途中も柱や壁に当てないよう神経を使います。
出してきた葦戸を、襖を外した溝に差し込みますが、スムーズにはまりません。。杉本家のおうちのかたが、長年やってきたコツがあるようです。

IMG_1437.JPG

一方、おもてや玄関庭などの石畳をデッキブラシで磨きます。

IMG_1462.JPG
あいにくの雨で、合羽を着ながらも学生の皆さん頑張ってくださいました。

みなさんのご協力のおかげで今年もスムーズに「すす払い」が完了できました。
京女大生の皆様、誠にありがとうございました!

IMG_1531.JPG
杉本家住宅の夏のしつらえは、7/10からの「屏風飾り展」で公開です。
古くから伝わる、暑さへの先人の知恵を是非見に来てください。

IMG_1521.JPG



ページトップへ戻る