本来ならば、暮らしの中で使われるはずの道具の数々。美術品として展示され大事に扱われる一方、実際手にとって使う機会は少なくなりました。「もっと身近に美術工芸品に親しんでほしい」そんな思いから生まれた《触》文化サロンです。所蔵品を手にとり鑑賞することで、道具の扱い方や所作に気づけます。※ 要着物着用〔講師:奈良屋杉本家保存会 学芸部長 杉本歌子〕

第1回 鏡開き 火鉢と手あぶり お善哉に火鉢で焼いたお餅をいれて 118()11:00〜12:00

第2回

11代慶入、楽12代弘入など所蔵茶碗と菓子皿を用いた特別な薄茶の一服

3月20日(金) 10:30~12:00

【中止】

料 金 杉本家保存会 会員:3000円
一般:5000円
申込み 公益財団法人奈良屋記念杉本家保存会(TEL:075-344-5724)までお申し込みください
定員 各回20名